カスタムねじメーカー

信頼できるカスタムファスナーサプライヤー

真鍮ネジは何に使われるのか?

一般的に 真鍮製小ネジ は、家具を作ったり、ドアなどを取り付けるときに使用されます。木材で作業しながら、真鍮ネジを使用する際に剥離が発生する可能性があり、多くの場合、ドリル穴は、多くの場合、ネジの大きさと同じで、最初に材料に穿孔される。真鍮製のネジは、多くの場合、屋外で使用されているため、これらのネジの耐腐食性と耐水性の性質は、彼らが屋外で使用するのに理想的であることを意味します。かなり頻繁に真鍮メッキを施した鉄のネジが使用されていますが、真鍮ネジは同じように動作します。だから彼らのネジは、簡単に維持することができない領域で見つけることができます。長年にわたり真鍮ネジは海洋環境で使用されている、これらのネジの耐水性と耐腐食性は、通常のスチールネジは、風、雨に長時間さらされることから腐食されますが、純粋な真鍮ネジがうまく動作することができますために、海の周りや水中での使用に最適です。

真鍮のネジは錆びるのか?

あなたが防錆ネジが必要な場合は、通常、あなたはステンレス鋼と亜鉛メッキネジは錆を防止したい場合はオプションです検討します。真鍮メッキや銅メッキのネジも使えますが(これらも錆びにくい)、このネジにはスチールやステンレスのネジにはない大きな利点があるので、真鍮のネジが最適です。 錆びない!しかし、真鍮は柔らかい金属なので、ネジに合ったサイズのドライバーを慎重に使う必要がある。

真鍮のネジはスチールより強いのですか?

真鍮ネジ は磁性がなく、一般に鉄よりも腐食に強い。真鍮は銅よりも強く硬いが、鋼ほど強くも硬くもない。様々な形状に加工しやすく、熱伝導性に優れ、一般的に耐食性に優れています。

真鍮製のネジは亜鉛製より優れていますか?

一方、亜鉛は腐食性の高い金属である(合金ではないので、元素の影響を受けて耐食性が低下することはない)。 真鍮は亜鉛より耐久性に優れている.真鍮は亜鉛よりもはるかに可鍛性で、成形が容易です。真鍮は「より伸縮性がある」ので、圧力がかかっても割れにくいのです。

熱ファスナーは、真鍮ネジのすべての種類を含む大手カスタムねじメーカーとサプライヤーです、 セットスクリュー, マシンスクリュー肩ネジ、セキュリティネジ、ソリッドまたは中空、メトリックとインチ、DIN、ISO、ANSI、JIS、GB規格の両方、M1、M2、M3、M4、M5、M6、M8 M、10、M12、M14、M16、M20およびより多くのサイズ。カスタムファスナーについて必要なものはすべて、ヒートファスナーに頼ることができます。

こんにちは、お客様


ヒートファスナーのビジネスマネージャーをしているベティ・リーと申します。ファスナー業界で15年以上の経験があります。お気軽にご連絡ください。最高のサービスと製品を提供させていただきます。

Eメール Sales@heatfastener.com|電話/Whatsapp/Wechat:+86 15018478409

関連商品

お問い合わせ

ネジメーカーをお探しですか?

24時間オンラインサービス

関連記事